産地より 畳は田んぼから生まれる


畳の床は 稲ワラで

 稲穂から 米を取って乾かして

ササニシキ・ひとめぼれ・日本人なら誰でもなじみのあるお米です
お米の「稲穂」から”お米”が収穫され、「茎」の部分が”稲わら”になります。
その”稲わら”を充分乾燥させ、圧縮しながら縫い上げると、
畳の基本の芯になる畳床の原料、わら畳床になります。


庭先で稲ワラを天日干し

倉庫に大切に保管しています

乾燥機で稲わらを乾燥させます

稲ワラを機械に並べて

圧縮しながら糸で縫います


 手縫いのわら床は優しい踏み心地

畳床は機械によって作られていますが
福島の今川一芳さんは国内で唯一、
手縫いによって畳のわら床を作る技能をお持ちです。
全国の文化財級の畳に使用されています。


手縫い畳床を作る今川一芳さん
稲わらを何層にも積み重ねてあります

長い針で一針一針手で縫い
糸を締め上げてゆきます

踏み心地を確かめています
 


 わらの畳は良い所だらけ

わらを何層にも重ね、ぎゅっと圧縮して作られているわら畳床には、
歩いたり座ったりするのに、程よい硬さで足腰に優しい性能をはじめ
断熱性・保温性・吸放湿性・難燃性・吸着性・経済性等々良い所ばかり。
土から生まれ、土に還る、健康でエコロジーな製品です。
わら床の性能について詳しくは、全国畳床工業会さんのHPでどうぞ。


畳の表は い草で

 い草の田んぼは、冬植える

九州熊本県八代地方は、全国のい草・畳表の生産のほぼ9割を占めるほど、
田んぼといえば、「い草の田んぼ」、という地域です。
比較的暖かな地方でつくられているい草ですが、
株分けをして、田んぼに植えられるのが冬の時期、
先刈りや網張りという独特の作業を経て、収穫をするのが梅雨の頃、と
農家さんの苦労があって、つくられているのです。


い草の苗、植え付け前

豊本さんの有機肥料

梅雨の早朝の刈り入れ


 畳表を織るのも、い草の農家さん

初夏の早朝に刈り取られたい草は
泥染め・乾燥・保管・選別・製織・仕上げ等々
ぜーんぶ農家さんが一貫して行います
熊本畳表の詳しくは、熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会 さんのHPで。


刈り入れたい草を束ねて

束のまま染土で泥染め

泥染めしました

い草の1本1本はすべすべ

い草を織り機で畳表へ


 い草は いい草

い草には、二酸化窒素を吸着し、 空気を浄化する能力をはじめ、
断熱性・保温性・吸放湿性・弾力性等々、とっても いい草です、
また、畳表独特の香りは、人間をリラックスさせ、
ストレスを解消し、精神を安定させる、森林効果・鎮静作用があります。
更に、昔から薬草とされてきた、い草には、
食物繊維が豊富で抗菌・抗酸化作用があり、
健康食品としても注目されています。


そんなすごい ワラとい草で出来たのが すごい畳

ワラとい草、どちらも適度な弾力で、防音に優れ
空気の清淨に関する性能が高く、室内の空気を良くしてくれます。
日本の田んぼから生まれるワラと、い草で出来た畳は、
日本ならではの、素足の生活・湿気が多い環境に適した
住宅の床材として、最適・最高のものではないでしょうか。